歯をより美しく見せたい方におすすめの自由紹介

>

予防歯科で日々のケアを!

予防歯科はなぜ大事?

普通、歯が痛みだしてから私たちは歯医者に行きます。しかし、自覚症状が出るころには、既に病状がかなり進行しているのです。歯を大きく削らなければならなかったり、抜く必要があったりします。
予防歯科では歯を定期的にクリーニングすることで虫歯を事前に予防します。また、仮に虫歯になったとしても自覚症状のない初期段階で治療を済ませることが出来ます。予防歯科が普及している国では高齢まで歯を残すことの出来る人の割合がとても高いのです。歯は一度失えば二度と戻らない一生ものです。大切にするに越したことはありません。
自由診療で高額ではありますが、虫歯になってからの治療費や通う手間、何より歯を失うコストを考えれば、決して高くはないのではないでしょうか。

予防歯科って何をするの?

では、具体的に予防歯科とは何をするのでしょうか。予防歯科に行くと、まず歯と歯茎の状態をチェックされます。虫歯がないか、磨き残しはどれくらいか、歯茎は柔らかくなっていないかなどです。そして、どこを磨き残しているのか、より綺麗に磨くにはどうすべきかのアドバイスを受けます。その後、歯に付着した歯石を除去します。これは硬くなった汚れで、歯ブラシでは取り除けないため、歯医者で除去してもらうしかありません。歯石が溜まっていくと虫歯の原因となるのです。最後に歯の表面や間、裏側まで綺麗に磨いてもらって終了です。これを1か月~3か月に1度ほど行います。自分ではしっかりと磨けていると思っていても、案外磨き残しがあるものです。特に歯茎との境目や歯と歯の間は歯ブラシでは磨ききれない部分も多く、虫歯になりやすい箇所です。定期的に歯医者で検診を受けていれば安心ですね!


この記事をシェアする