歯をより美しく見せたい方におすすめの自由紹介

>

診療における費用の違いとは?

自費診療で利用される素材

虫歯治療の際に、虫歯をドリルで削った後はその穴に何らかの詰め物を入れることになりますね。保険治療で使用できるのは、レジンと呼ばれるプラスチックや、銀歯のような合金などです。これらの素材の利点は原価が安いため、保険が適用され、治療が安価で済むということです。しかし、原価が安い分劣化しやすく、変色などの恐れもあります。また、口を開けたときに銀歯が見えると少し見栄えが悪いという問題点もあります。
より見た目が良く、劣化しにくい歯科素材としてセラミックやジルコニアなどが存在します。これは歯と同系色の被せ物で外から見て目立つことがありません。レジンや銀歯に比べて高額ではありますが、見栄えのよい治療やより高質な治療を求めるのなら、セラミックやジルコニアを利用することがおすすめです。

歯を守る高度な治療法

保険診療では虫歯の穴にレジンや銀歯を被せ物として入れると説明しました。しかし、これらの被せ物によって虫歯が再発することがあるのです。理由は銀歯と歯の間に生まれる空白です。しっかり銀歯と歯がフィットしていないと、その隙間から細菌が入り込み、虫歯が再発してしまうのです。これを防ぐためには、被せ物を作る際に歯肉圧排という方法を使って、歯の境目をしっかりと型取る必要があります。これには手間がかかるため保険診療では行われず、自由診療によってのみ行われているのが現状です。
また、病気や外傷によって歯を1本失った場合も、保険診療では左右の健康な歯を少し削り、人口の歯で隙間を埋めます。しかし、左右の歯を削らなければならないことや見た目があまりよくないことなどデメリットもあります。自由診療ならインプラントを用いて、限りなく元に近い状態に復活させることが出来ます。また、歯を削る必要もありません。


この記事をシェアする